畑作コース
過去から今、そして未来へつなぐ
農業に触れる旅

開拓時代の十勝の農業から、現代の大規模農業へ。その進化の歴史から、人々の苦労と工夫の積み重ねの大切さを学びます。 食事は十勝の食に触れつつ、チームワークが発揮できる体験型のものや、農家との交流を大切にしています。先代から受け継いだ土地を守り、次の世代へ繋ぐ農家との交流を通じて、「いただきます」に込める感謝の気持ちを育みます。

  • 受入可能人数10名〜最大100名
  • 所要時間1日〜1泊2日
  • 料金4,500円〜(一人あたり)
事前学習用の動画も用意しています。
まずはダイジェスト版

1.馬耕体験 ー昔の農業に触れて見ようー
人から馬、馬から機械へ。十勝農業の苦労と工夫の歴史を学び、体験します。
体験内容:
・オリエンテーション(動画)
・昔の道具を使った農作業体験
・馬による農作業体験
・農機具歴史館見学

2.帯広名物・豚丼づくり体験
十勝開拓の父「依田勉三(よだ べんぞう)」が詠んだ句「開拓のはじめは、豚と一つ鍋」。帯広名物・豚丼を調理して食べます。グループに分かれて豚肉と野菜をBBQ感覚で焼いてご飯の上に乗せます。焼いたり盛り付けたりチームワークを発揮しながら楽しく昼食をとっていただきます。

バスで15分

3.開拓から続く十勝の農家さんに会いに行こう!
先代から受け継がれた土地を守り、未来へと引き継ぐ農家さんにお話を伺います。農場の見学を通じて現代の農業を学びましょう。
体験内容:
・畑を歩いて十勝農業を知るツアー
・最新の大型機械の見学、試乗
・農家さんとの交流

バスで20分

4.十勝の恵バーベキュー
農家さんも交えて交流バーベキュー。農場で作られた野菜やお肉を「いただきます」の感謝の気持ちでいただきます。
内容例:
・十勝の食材たっぷりバーベキュー
・見学農場で作られた野菜やお肉

5.広大な牧場を望む宿に泊まる
東京ドーム約209個分の牧場を一望できる、研修室なども備えた宿泊施設です。1Fのレストランも利用できる他、クラフト体験なども楽しめます。
宿泊料金(1泊1名素泊り):
一般・高校生2,100円、中学生1,500円、小学生1,100円
※35名を超える場合は2か所の宿泊先をご用意します。

バスで10分

6.野菜たっぷりの朝食ビュッフェ
様々な草花に囲まれた紫竹ガーデン。この人に会いにくるために来ました、というお客様も多い名物おばあちゃんは、開拓精神たっぷり。野菜たっぷりの朝食ビュッフェは優しい味わいが人気です。
内容例:
・ガーデンで育った採れたて食材を楽しむビュッフェ

宿泊場所をポロシリキャンプ場にチェンジ!
日高山脈の麓に位置するキャンプ場です。日本のアウトドアメーカー・スノーピークが管理するキャンプ場で、全面芝生サイト、シャワー完備と快適にお過ごしいただけます。
テントなどのレンタルも可能なので、手ぶらでもOKなのも魅力的。
豚丼づくり体験を、北海道の郷土料理「いも団子づくり」にチェンジ!
北海道の郷土料理・いも団子。茹でた芋に片栗粉をまぶし 焼くだけのシンプルな料理ですが、十勝の芋の味をお楽しみいただけます。
とかち大平原交流センター内にある古民家で、農業の歴史に触れながらいも団子を味わっていただきます。
ご要望に合わせて、専門スタッフがコーディネートいたします。
お気軽にお問い合わせください。